【KNORR】クノールのインスタント・パスタが簡単に作れて美味しかったのでまた買いたい件

記事によっては広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品やサービスなどを購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。発生した報酬はサイトの運営費として利用させていただきますが、不利益を生じるような誇大表現等はしないことをお約束します。


Warning: Undefined array key 4 in /home/tabishita3/tabigashitaijinsei.jp/public_html/wp-content/themes/sango-theme-child/functions.php on line 46

Hallo!日本の冬はクノールのコーンクリームばっかり飲んでいたAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

日本でも有名なクノールですが、実はドイツ発の食品ブランドなんですよ~。

Ann

ドイツ来るまで知らなかった。

そのクノールのスパゲッテリア(Spaghetteria)シリーズから出ているインスタントのパスタが、簡単に作れて結構美味しかったのでシェアしたいというお話です。

それではどうぞ!

クノールはドイツ発の食品ブランド

クノールは1838年にドイツで誕生した食品ブランドです。

その後20世紀初頭にスイスの工場に移動し、乾燥スープを世界で初めて発明しました。

現在はユニリーバの傘下に入っている訳ですが、多くの世界でクノールのブランドは展開していますよね。

日本のクノールは味の素グループ。

日本でクノールといえばカップスープ。中でも私の大好きなコーンスープ(コーンクリーム)は代名詞的存在ですよね。

しかーしドイツでも、旅行で行ったことがあるいくつかのヨーロッパの国でも、クノールのコーンスープは見たことがありません。

Ann

だから私は日本からの持ち物の必需品にコーンスープが入っている!
こっちにはかぼちゃとかマッシュルームのスープはあるのになぜだ…。

ちなみにドイツのクノールはスパゲティやメイン料理に使われる、粉末のソースが多いイメージです。もちろんスープもあります。

また、ドレッシングやマヨネーズだったり、コンソメなど調味料もいろいろ出ています。

作り方:調理時間10分!?

さて今回買ったのはこちらの『Pomodoro Mozzarella Pasta in Tomaten-Käse-Sauce 』 。

トマトとバジル、モッツアレラチーズとか絶対に美味しいだろうという安易な判断で購入を決めました。

1袋2人前です。

鍋に水を500ml入れる
袋の中身を鍋に入れる

 

中身はこんな感じ。

粉末状のソースとペンネパスタが入っています。

 

 

 

500mlの水に中身を全部入れて混ぜ、沸騰させます。

 

目安は10分。

私はもうちょっとやりましたが、硬さはお好みで。

 

 

完成!!

 

とっても簡単。

以上で出来上がりです!

いただきます~ 。

終わりに:食べた感想

実際に食べてみた感想ですが、 普通に美味しい!

Ann

変な日本語を使うな~。普通に美味しいってなんだ。

『絶品!!』という訳ではないんですが、 鍋にお水と中身を入れてまぜて、10分間火にかければ出来上がりという簡単な調理方法なのに👍テイスト。

お腹が空いたけど、作るのは面倒くさいという時などに最高ではないでしょうか~。

ちなみに今回は鍋で作りましたが、電子レンジでも調理可能だそうです。

いくつか種類があったので、また試してみたいと思います。

それでは(=゚ω゚)ノ